ページ

2014年4月18日金曜日

✈【INJ Essay】✈水谷じゅんじのアイルランドの“今”を読む✈Phase thirteen~日本&アイルランド深まる関係~駐日アイルランド大使:ジョンニアリー氏ジャパンタイムズ紙寄稿~Relationship reaches new level/John Neary,AMBASSADOR OF IRELAND



セント・パトリックス・デイ・パレードが終わりおおよそ一か月が過ぎました。
レギュラーブログも本格稼働となりますが今まで本ブログにて執筆くださりました「スーパーマム」小林さんが本業多忙のため、ご卒業となりました。

編集部ではこの英語万能スーパーウーマン:小林さんを引き継ぐべく新たなオフィシャルライターのスカウティング活動を昨年から行っておりましたが、このたび新たなオフィシャルライターとして水谷じゅんじさんをご指名させていただくこととなりました。

水谷さんご本人の自己紹介は最後に掲載しておりますが、彼を選定した理由として①英語に堪能、さらには英語自体を生業としている②アイルランドでの生活経験があり現地の土地勘を持っていてアイルランド事情に明るい。またアイルランド文化に精通している部分が多分に魅力的③明朗活発行動的、という点を重視しました。

今後当ブログにて執筆いただくとともに、日本とアイルランドをつなぐ国際事業にも彼の力を必要とすることになりましょう。

みなさま、どうぞ宜しくお願いします!

さて今回、みずたにさん一発目の題目は今年の聖パトリックスデーに駐日アイルランド大使のジョンニアリー氏がジャパンタイムズ紙に寄稿したトピックをとりあげました。
日本とアイルランドの関係が新たなステージへと昇華する現状をニアリー大使が的確に執筆されている良質のコラムです。是非ご一読下さい。







『Relationship reaches new level』

John Neary

AMBASSADOR OF IRELAND

(出典:17/03/2014 ジャパンタイムズ紙 朝刊)



It is my great pleasure to send warm greetings on Saint Patrick’s Day to all Japan Times readers!  
Welcome to Minister Frances Fitzgerald
I am delighted to welcome Frances Fitzgerald, the Irish Minister for Children and Youth Affairs who has come to Japan to join the celebration of our national day. 
During her week-long visit, Minister Fitzgerald will focus on advancing economic, educational and cultural links with Japan.  She will be travelling to Hokkaido, Osaka and Kyoto as well as Tokyo to meet with political, civic and business leaders, as well as Irish people and friends of Ireland. 
As a new era dawns in relations between Ireland and Japan
In the last year, great strides have been made in advancing the relationship between Ireland and Japan.
The first ever visit by Japanese Prime Minister took place in June, when Prime Minister Abe visited Ireland.
And when Taoiseach, Enda Kenny paid a return visit in December, it was the first by a Prime Minister from Ireland in since 2009.
These visits have brought the relationship between Ireland and Japan to a new level.  At their meeting in December, the two leaders agreed a Partnership for Prosperity and growth which sets out a framework for developing cooperation between the two countries in a range of sectors. 
Ireland’s economy continues to recover
Ireland’s economy is now firmly on the road to recovery. 
On 15 December 2013, Ireland exited the EU/IMF Programme of Assistance becoming the first Eurozone country to exit a programme of this type.  We have made a full return to normal market funding.  Our debt is now rated as investment grade by all three major ratings agencies, and bond yields are close to historic lows. 
Our economic recovery has been driven by exports which are now significantly higher than the pre-crisis peak in 2007.
Why?  We have one of the most open and progressive economies in the world.  Forbes magazine ranks us as the best country in the world for business.
Other independent studies rank Ireland first in the world for inward investment by quality and value, and as the best country in Western Europe in which to invest.
Ireland’s competitiveness relative to our trading partners has significantly improved. Labour costs, commercial property prices and other business costs have come down.
Our agri-food sector is performing particularly strongly, increasing exports by 40 per cent since 2009 to reach a value of almost €10 billion in 2013.
It was a special boost to our trade with Japan in this sector, when Prime Minster Abe announced the lifting of the export ban on Irish beef last December.
Trade and Investment Links are growing
Our economic links with Japan are growing as our economy recovers. Japan is our 11th largest trading partner and there are 50 companies investing in Ireland employing over 2,500 people. They include industry flagships such as Takeda, Astellas, and Fujitsu.
Noteworthy recent investments include a large scale acquisition by SMBC in the airline leasing sector, which was followed by a further expansion of their operation in Ireland in January of this year.
With a new emphasis on Research, Development and Innovation Links
In recent years Ireland has been building a reputation for excellent research and supporting significant academic-industrial collaborations.
Ireland is now in the top 20 countries in global rankings for the quality of its scientific research, up from 36th in 2003.
The journal Nature lists Ireland as one of five ‘up and coming’ destinations for high-level research.  We rank second in the world for the quality of our research in immunology and probiotics, sixth in the world for nanoscience and eighth in the world for materials science.
In recent years, Japanese companies have been establishing research links with Ireland and these are beginning to yield exciting results.
Last December, Science Foundation Ireland, the agency responsible for supporting research in Ireland, announced a 2-year funding programme worth €1.2 million targeted at promoting research and development links with Japan. 
 And don’t forget our beautiful nature
Last year, approximately 8 million tourists visited the island of Ireland, up 6 per cent on 2012.
2014 is set to be another exciting year for visitors to Ireland as they get to experience Ireland’s first long-distance touring route, the Wild Atlantic Way, stretching all the way from the Inishowen Peninsula in Co. Donegal to Kinsale in Co. Cork. The new route will rival the world’s best driving tours, along 2,500 km of the wildest, most captivating scenery, with lots to do and see along the way.
We have a lot to celebrate
So come and join us in the St. Patrick’s Day celebrations around Japan.  We look forward to seeing you and sharing with you the special friendship that exists between our two countries.






Once Again in ENGLISH!


It is my great pleasure to send warm greetings on Saint Patrick’s Day to all Japan Times readers!  




Welcome to Minister Frances Fitzgerald


I am delighted to welcome Frances Fitzgerald, the Irish Minister for Children and Youth Affairs who has come to Japan to join the celebration of our national day. 
During her week-long visit, Minister Fitzgerald will focus on advancing economic, educational and cultural links with Japan.  She will be travelling to Hokkaido, Osaka and Kyoto as well as Tokyo to meet with political, civic and business leaders, as well as Irish people and friends of Ireland. 









As a new era dawns in relations between Ireland and Japan

In the last year, great strides have been made in advancing the relationship between Ireland and Japan.
The first ever visit by Japanese Prime Minister took place in June, when Prime Minister Abe visited Ireland.
And when Taoiseach, Enda Kenny paid a return visit in December, it was the first by a Prime Minister from Ireland in since 2009.
These visits have brought the relationship between Ireland and Japan to a new level.  At their meeting in December, the two leaders agreed a Partnership for Prosperity and growth which sets out a framework for developing cooperation between the two countries in a range of sectors. 





Ireland’s economy continues to recover

Ireland’s economy is now firmly on the road to recovery. 

On 15 December 2013, Ireland exited the EU/IMF Programme of Assistance becoming the first Eurozone country to exit a programme of this type.  We have made a full return to normal market funding.  Our debt is now rated as investment grade by all three major ratings agencies, and bond yields are close to historic lows. 
Our economic recovery has been driven by exports which are now significantly higher than the pre-crisis peak in 2007.
Why?  We have one of the most open and progressive economies in the world.  Forbes magazine ranks us as the best country in the world for business.
Other independent studies rank Ireland first in the world for inward investment by quality and value, and as the best country in Western Europe in which to invest.
Ireland’s competitiveness relative to our trading partners has significantly improved. Labour costs, commercial property prices and other business costs have come down.
Our agri-food sector is performing particularly strongly, increasing exports by 40 per cent since 2009 to reach a value of almost €10 billion in 2013.
It was a special boost to our trade with Japan in this sector, when Prime Minster Abe announced the lifting of the export ban on Irish beef last December.






Trade and Investment Links are growing

Our economic links with Japan are growing as our economy recovers. Japan is our 11th largest trading partner and there are 50 companies investing in Ireland employing over 2,500 people. They include industry flagships such as Takeda, Astellas, and Fujitsu.
Noteworthy recent investments include a large scale acquisition by SMBC in the airline leasing sector, which was followed by a further expansion of their operation in Ireland in January of this year.





With a new emphasis on Research, Development and Innovation Links


In recent years Ireland has been building a reputation for excellent research and supporting significant academic-industrial collaborations.
Ireland is now in the top 20 countries in global rankings for the quality of its scientific research, up from 36th in 2003.
The journal Nature lists Ireland as one of five ‘up and coming’ destinations for high-level research.  We rank second in the world for the quality of our research in immunology and probiotics, sixth in the world for nanoscience and eighth in the world for materials science.
In recent years, Japanese companies have been establishing research links with Ireland and these are beginning to yield exciting results.
Last December, Science Foundation Ireland, the agency responsible for supporting research in Ireland, announced a 2-year funding programme worth €1.2 million targeted at promoting research and development links with Japan. 






 And don’t forget our beautiful nature

Last year, approximately 8 million tourists visited the island of Ireland, up 6 per cent on 2012.

2014 is set to be another exciting year for visitors to Ireland as they get to experience Ireland’s first long-distance touring route, the Wild Atlantic Way, stretching all the way from the Inishowen Peninsula in Co. Donegal to Kinsale in Co. Cork.
The new route will rival the world’s best driving tours, along 2,500 km of the wildest, most captivating scenery, with lots to do and see along the way.





We have a lot to celebrate

So come and join us in the St. Patrick’s Day celebrations around Japan.  We look forward to seeing you and sharing with you the special friendship that exists between our two countries.


日本語


駐日アイルランド大使ジャパンタイムズ紙寄稿(2014317


セントパトリックスデイにJapan Timesの読者の皆さんへご挨拶のメッセージをお送りすることができ、大変嬉しいです!


フランシス・フィッツジェラルド大臣を迎えて

この度、東京セントパトリックスデイの祝典に参加するため来日したフランセス・フィッツジェラルド児童省大臣をお迎えすることができ光栄に思います。
1週間の訪問において、フィッツジェラルド大臣は日本との経済・教育・文化交流の推進に注力する予定で、北海道・大阪・京都・東京を訪ずれ、行政・市民団体・ビジネス界のリーダー・アイルランドの人々、アイルランドの友好国との会合を行う予定です。


日愛関係における新しい時代の幕開けとして

昨年、日愛関係発展において大きな進展がありました。
昨年6月に、日本の内閣総理大臣として初めて安倍首相がアイルランドを訪問したのです。
12月にはアイルランドのエンダ・ケニー首相が答礼訪問で来日し、2009年以来となるアイルランド首相の来日となりました。
これらの訪問は日愛関係を新たな段階へと導きました。12月の会合において、両首脳は繁栄と成長のためのパートナーシップに合意し、幅広い分野で両国の協力関係を構築していく構想を打ち出しました。


アイルランド経済は回復を続けている

アイルランド経済は、現在着実に回復へと向かっています。 
20131215日、アイルランドは欧州債務危機国の中で初めてEU/IMF金融支援プログラムから脱却しました。我々は正常な市場資金調達へ完全に復帰しました。アイルランド国債は、3つの主要格付け会社すべてから投資適格として現在格付けされており、債券利回りは史上最安値に近いです。
アイルランド経済の回復は、2007年における危機前のピーク時より大幅に高い輸出によって支えられています。
その理由は、アイルランド経済が世界で最もオープンで進歩的な経済の1つだからです。フォーブズ誌は、アイルランドをビジネスにとって世界最良の国であると格付けています。
他の独自調査では、アイルランドは対内投資にとって質と価値で世界最高であり、投資をする上で西欧諸国において最良の国であると格付けました。
貿易相手国と比較し、アイルランドの競争力は飛躍的に向上しました。人件費、商業用不動産価格、その他のビジネスコストは低下してきています。
農業食糧部門は特に力強く機能しており、輸出額は2009年から40%増加し、2013年にはおよそ100億ユーロの規模に到達しました。
この部門で日本との貿易に関して特別な後押しとなったのは、安倍首相が昨年12月にアイルランド産牛肉の輸出禁止令撤廃を発表したことです。


貿易・投資関連が成長

日本とのアイルランド経済関連はアイランド経済が回復するのと同様に成長しています。日本はアイルランドにとって11番目に大きい貿易相手国であり、50社がアイルランドに投資し、2,500人以上を雇用しています。これらの企業には武田薬品、アステラス製薬、富士通といった産業界の主要企業が挙げられます。
特筆すべき最近の投資案件としては、SMBCによる航空機リース分野の大規模買収が挙げられ、今年1月にアイルランドにおけるSMBCのさらなる事業拡張をもたらしました。


研究に新たな重点を置く開発・イノベーション関連

近年、アイルランドは優れた研究で評判を高め、数多くの産学連携を支援してきました。
アイルランドは現在、科学的研究の品質の良さで世界ランキング20位に入っており、2003年の36位から順位を上げました。
科学誌ネイチャーは、高度な研究で「注目の国」である5か国の1つとしてアイルランドを挙げています。アイルランドは免疫学と細菌学における研究の品質の良さで世界第2位で、ナノ科学では世界第6位、材料科学では世界第8位です。
近年、日本企業はアイルランドとの研究相互関係を創設しており、素晴らしい成果を挙げ始めています。
昨年12月、アイルランドで研究支援を担う機関であるアイルランド科学財団は、日本との研究開発相互関係の促進を目的とした120万ユーロに当たる2年間の資金援助プログラムを発表しました。


忘れてはならないアイルランドの美しい自然

昨年、約800万人の観光客がアイルランドを訪れました。2012年度から6%の増加です。
2014年はアイルランドへの旅行者にとって更に面白い年になることでしょう。ドネゴール州イニシュオーエン半島からコーク州キンセールまで続くアイルランド最長の観光道路として、ワイルド・アトランティク・ウェイが体験できるようになるからです。この新しい観光道路は世界最長のドライブ・ウェイに匹敵し、触れ合いながら楽しむことができる野性味あふれる手つかずの自然と美しい景観が2,500kmにも続いています。


祝福することがたくさんあります

それでは日本でのセントパトリックスデイへ皆さんどうぞご参加ください。日本とアイルランドとの特別な友好関係を皆さんと分かち合えることを楽しみにしています。







【解説】
今回は先月行われたセントパトリックスデイパレード東京に際して、ジョン・二アリー駐日アイルランド大使がジャパンタイムズに宛てた記事についてお伝えしました。
英文を読み解くうえでいくつかポイントがありましたので、対訳付きで振り返ってみたいと思います。


DRAFT SPD supplement Japan Times (17 March)

It is my great pleasure to[n1] send warm greetings on Saint Patrick’s Day to all Japan Times readers!  

Welcome to Minister Frances Fitzgerald
I am delighted to[n2]welcome Frances Fitzgerald, the Irish Minister for Children and Youth Affairs who has come to Japan to join the celebration of our national day. 

During her week-long visit, Minister Fitzgerald will focus on advancing economic, educational and cultural links with Japan.  She will be travelling to Hokkaido, Osaka and Kyoto as well as Tokyo to meet with political, civic and business leaders, as well as Irish people and friends of Ireland. 

As a new era dawns in relations between Ireland and Japan
In the last year, great strides have been made in advancing the relationship between Ireland and Japan.
The first ever visit by Japanese Prime Minister took place in June, when Prime Minister Abe visited Ireland.
And when Taoiseach[n3], Enda Kenny paid a return visit in December, it was the first by a Prime Minister from Ireland in since 2009.

These visits have brought the relationship between Ireland and Japan to a new level.  At their meeting in December, the two leaders agreed a Partnership for Prosperity and growth which sets out a framework for developing cooperation between the two countries in a range of sectors. 

Ireland’s economy continues to recover
Ireland’s economy is now firmly on the road to recovery. [n4]

On 15 December 2013, Ireland exited the EU/IMF Programme of Assistance becoming the first Eurozone country to exit a programme of this type.  We have made a full return to normal market funding.  Our debt is now rated as investment grade by all three major ratings agencies, and bond yields are close to historic lows. 

Our economic recovery has been driven by exports which are now significantly higher than the pre-crisis peak in 2007.

Why?  We have one of the most open and progressive economies in the world.  Forbes magazine ranks us as the best country in the world for business.

Other independent studies rank Ireland first in the world for inward investment[n5] by quality and value, and as the best country in Western Europe in which to invest.

Ireland’s competitiveness relative to our trading partners has significantly improved. Labour costs, commercial property prices and other business costs have come down.

Our agri-food sector is performing particularly strongly, increasing exports by 40 per cent[n6] since 2009 to reach a value of almost €10 billion in 2013.
It was a special boost to our trade with Japan in this sector, when Prime Minster Abe announced the lifting of the export ban on Irish beef last December.

Trade and Investment Links are growing
Our economic links with Japan are growing as our economy recovers. Japan is our 11th largest trading partner and there are 50 companies investing in Ireland employing over 2,500 people. They include industry flagships such as Takeda, Astellas, and Fujitsu.

Noteworthy recent investments include a large scale acquisition by SMBC in the airline leasing sector, which was followed by a further expansion of their operation in Ireland in January of this year.

With a new emphasis on Research, Development and Innovation Links
In recent years Ireland has been building a reputation for excellent research and supporting significant academic-industrial collaborations.
Ireland is now in the top 20 countries in global rankings for the quality of its scientific research, up from 36th in 2003.

The journal Nature lists Ireland as one of five ‘up and coming’ destinations for high-level research.  We rank second in the world for the quality of our research in immunology and probiotics, sixth in the world for nanoscience and eighth in the world for materials science.

In recent years, Japanese companies have been establishing research links with Ireland and these are beginning to yield exciting results.
Last December, Science Foundation Ireland, the agency responsible for supporting research in Ireland, announced a 2-year funding programme worth €1.2 million targeted at promoting research and development links with Japan. 

 And don’t forget our beautiful nature
Last year, approximately 8 million tourists visited the island of Ireland, up 6 per cent on 2012.

2014 is set to be another exciting year for visitors to Ireland as they get to experience Ireland’s first long-distance touring route, the Wild Atlantic Way[n7], stretching all the way from the Inishowen Peninsula in Co. Donegal to Kinsale in Co. Cork.

The new route will rival the world’s best driving tours, along 2,500 km of the wildest, most captivating scenery, with lots to do and see along the way.

We have a lot to celebrate
So come and join us in the St. Patrick’s Day celebrations around Japan.  We look forward to seeing you and sharing with you the special friendship that exists between our two countries.
駐日アイルランド大使ジャパンタイムズ寄稿(2014317日)
セントパトリックスデイにJapan Timesの読者の皆さんへご挨拶のメッセージをお送りすることができ大変嬉しいです

フランシス・フィッツジェラルド大臣を迎えて
この度、東京セントパトリックスデイの祝典に参加するため来日したフランセス・フィッツジェラルド児童省大臣をお迎えすることができ光栄に思います

1週間の訪問において、フィッツジェラルド大臣は日本との経済・教育・文化交流の推進に注力する予定で、北海道・大阪・京都・東京を訪ずれ、行政・市民団体・ビジネス界のリーダー・アイルランドの人々、アイルランドの友好国との会合を行う予定です。


日愛関係における新しい時代の幕開けとして
昨年、日愛関係発展において大きな進展がありました。
昨年6月に、日本の内閣総理大臣として初めて安倍首相がアイルランドを訪問したのです。
12月にはアイルランドのエンダ・ケニー首相が答礼訪問で来日し、2009年以来となるアイルランド首相の来日となりました。



これらの訪問は日愛関係を新たな段階へと導きました12月の会合において、両首脳は繁栄と成長のためのパートナーシップに合意し、幅広い分野で両国の協力関係を構築していく構想を打ち出しました。





アイルランド経済は回復を続けている
アイルランド経済は、現在着実に回復へと向かっています 

20131215日、アイルランドは欧州債務危機国の中で初めてEU/IMF金融支援プログラムから脱却しました。我々は正常な市場資金調達へ完全に復帰しました。アイルランド国債は、3つの主要格付け会社すべてから投資適格として現在格付けされており、債券利回りは史上最安値に近いです。



アイルランド経済の回復は、2007年における危機前のピーク時より大幅に高い輸出によって支えられています。


その理由は、アイルランド経済が世界で最もオープンで進歩的な経済の1つだからです。フォーブズ誌は、アイルランドをビジネスにとって世界最良の国であると格付けています。

他の独自調査では、アイルランドは対内投資にとって質と価値で世界最高であり、投資をする上で西欧諸国において最良の国であると格付けました。

貿易相手国と比較し、アイルランドの競争力は飛躍的に向上しました。人件費、商業用不動産価格、その他のビジネスコストは低下してきています。


農業食糧部門は特に力強く機能しており、輸出額は2009年から40%増加し、2013年にはおよそ100億ユーロの規模に到達しました。
この部門で日本との貿易に関して特別な後押しとなったのは、安倍首相が昨年12月にアイルランド産牛肉の輸出禁止令撤廃を発表したことです。


貿易・投資関連が成長
日本とのアイルランド経済関連はアイランド経済が回復するのと同様に成長しています。日本はアイルランドにとって11番目に大きい貿易相手国であり、50社がアイルランドに投資し、2,500人以上を雇用しています。これらの企業には武田薬品、アステラス製薬、富士通といった産業界の主要企業が挙げられます。

特筆すべき最近の投資案件としては、SMBCによる航空機リース分野の大規模買収が挙げられ、今年1月にアイルランドにおけるSMBCのさらなる事業拡張をもたらしました。


研究に新たな重点を置く開発・イノベーション関連
近年、アイルランドは優れた研究で評判を高め、数多くの産学連携を支援してきました。
アイルランドは現在、科学的研究の品質の良さで世界ランキング20位に入っており、2003年の36位から順位を上げました。



科学誌ネイチャーは、高度な研究で「注目の国」である5か国の1つとしてアイルランドを挙げています。アイルランドは免疫学と細菌学における研究の品質の良さで世界第2位、ナノ科学では世界第6位、材料科学では世界第8位です。

近年、日本企業はアイルランドとの研究相互関係を創設しており、素晴らしい成果を挙げ始めています。
昨年12月、アイルランドで研究支援を担う機関であるアイルランド科学財団は、日本との研究開発相互関係の促進を目的とした120万ユーロに当たる2年間の資金援助プログラムを発表しました。


忘れてはならないアイルランドの美しい自然
昨年、約800万人の観光客がアイルランドを訪れました。2012年度から6%の増加です

2014年はアイルランドへの旅行者にとって更に面白い年になることでしょう。ドネゴール州イニシュオーエン半島からコーク州キンセールまで続くアイルランド最長の観光道路として、ワイルド・アトランティク・ウェイが体験できるようになるからです。

この新しい観光道路は世界最長のドライブ・ウェイに匹敵し、触れ合いながら楽しむことができる野性味あふれる手つかずの自然と美しい景観が2,500kmにも続いています。


祝福することがたくさんあります
それでは日本でのセントパトリックスデイへ皆さんどうぞご参加ください。日本とアイルランドとの特別な友好関係を皆さんと分かち合えることを楽しみにしています。

[n1][n2] 2つとも似たような表現ですが、ここでは同じ表現の繰り返しを避けるためにこのような使い分けをしたと思われます
[n3] もともとアイルランド語で「指導者」という意味。「首相」としての使われだしたのは20世紀半ばから。
[n4] on the road to ~に向かっている
[n5] outward investment 対外投資

[n6] increase by 100% 2倍になる(100%増加する)
[n7]
 ワイルド・アトランティック・ウェイの詳しいロードマップは
こちらをクリック




JUNJI MIZUTANI/ The Irish Today Official Writer PROFILE



はじめまして!水谷じゅんじです^^
このたびご縁がありまして、前任の小林さんより本ブログを引き継ぐことになりました。
どうぞよろしくお願いいたします。(写真:筆者)




まずは自己紹介を簡単に

僕とアイルランドとのご縁は2011年~2012年のアイルランド留学にさかのぼります。

東日本大震災から2か月後の20115月より、ワーキングホリデープログラムを利用して1年間アイルランドに滞在することとなりました。

住んでいた町は、ウィックロー県にあるブレイという小さな町で、アイルランドの首都・ダブリンから電車で30分ほど離れたところです。(写真:ブレイのシーサイド風景)



このブレイという町で、僕はWWOOFというプログラムを利用して農場に住み込みで働きながら、英語も学ぶという経験をさせていただきました。








帰国後は長野県に移住し、翻訳家として働きながら主に週末は大好きな畑仕事をするという生活を送っています。






このブログを通じて
アイルランドの今をお伝えしながら、同時に皆さんの英語学習の参考になる情報を発信していく予定です。また、アイルランドへの旅行や留学に関するアドバイス、ビジネス進出にあたっての翻訳、ローカライジングなど様々な分野でお役に立てる情報が発信出来ればいいなと思っています。
(翻訳・通訳などのご用命はこちらへ→イングリッシュ・エル・スクール

次回からは僕のアイルランドでの生活を少しずつご紹介していく予定です。どうぞお楽しみに!