ページ

2015年2月20日金曜日

✈【The Irish Today Essay】✈水谷じゅんじのアイルランドの“今”を読む✈Phase Seventeen~光輝くアイルランド、ケリーの星空~Stars Shine Bright In Ireland's Kerry Dark-Sky Reserve by Ari Shapiro © 2014 NPR ~





昨年NHKで放送された「地球イチバン~世界一の星空がくれたもの」を覚えていらっしゃるでしょうか?
アイルランド:ケリーに展開する世界一の星空を取り上げた番組は、多くの日本人を魅了した素敵な番組でした。
・・・・番組を見た方はおわかりでしょうが、東京の、そのなんというか光量とアイルランドのそれとは、こうも違うのものかと考えさせられました。


今回のお題はまさにその「ケリーダークスカイ」を取り上げます。
アメリカ本拠のNPRの素材から、会話形式の題材をピックアップ。






テレビでも登場されていた、ケリーダークスカイの主軸メンバー、ジュリーオーモンドさんが語ってくれます。
嬉しいことに音声ファイルもありますのでリスニングにも最適。
英語学習には最適な一本です。

ちなみにジュリーさん、テレビでは主婦の側面を映し出していましたが、実は博学で本も出されています。アマゾン(日本未対応)E-BbookのSmashwordsで購入できます。

















ということで、今回はこの教材からケリーダークスカイの魅力に再度触れたいと思います。

これを機に関心を深められた方、是非ケリーダークスカイ公式HPにアクセス下さい。




Stars Shine Bright In Ireland's Dark-Sky Reserve

By Ari Shapiro


Source出典:Copyright © 2014 NPR. For personal, noncommercial use only


Special Thanks

Julie Ormonde 

Kerry Dark Skies
NPR






The International Dark-Sky Association has named only 3 gold-tier reserves, and only 1 in the Northern Hemisphere. That title belongs to Kerry International Dark Sky Reserve in southwestern Ireland.



DAVID GREENE, HOST:

Well, we have just made it through the darkest night of the year - good time to do some lengthy stargazing if, that is, you're in a place without too much light pollution. Well, to mark the winter solstice, we decided to visit one of the darkest places on Earth. The International Dark-Sky Association has awarded gold-tier reserve status to only three places in the world. One is in Namibia, another is in New Zealand. NPR's Ari Shapiro takes us to the only one in the Northern Hemisphere in far southwestern Ireland.

JULIE ORMONDE: Oh, my god. Oh.

ARI SHAPIRO, BYLINE: You live here and you're still so impressed with this.

ORMONDE: I know, I always am, always.

SHAPIRO: I mean, it's my first time. I'm impressed, but you're here every night.

ORMONDE: No, I always - it never, ever stops. Could you put off that light there? Great.

SHAPIRO: Julie Ormonde talks about the night sky the way a stage mother talks about her child's performance.

ORMONDE: It's just - I just can't stop admiring it. I just love looking at.

SHAPIRO: We're standing in a parking lot in the middle of the Kerry International Dark Sky Reserve. The Kerry Mountains are on one side of us, the Atlantic Ocean on the other. Ormonde moved here from Dublin almost 20 years ago. She was a secretary and mother of four with a passion for astronomy. A few days after she arrived, she sent her son out to get fuel for the fireplace.

ORMONDE: And next fall, he come crashing through the door.

Mom, mom, quick, quick, quick, come out here.

I nearly had a heart attack running out the door, expecting to see a catastrophe somewhere.

SHAPIRO: She followed her son out the door into the pitch black night.

ORMONDE: And he said, mom, mom, look. Look at the stars. And we looked up and it was like this. I have never seen anything like it. It was just a wonderland.

SHAPIRO: Ormonde loves pointing out constellations, but on that night she couldn't find any of them.

ORMONDE: There was simply too many stars.

SHAPIRO: Time passed and she wondered why the community had no astronomy club.

ORMONDE: And like everybody else on the planet you're waiting for somebody else, so then I decided...

SHAPIRO: Oh, I just saw a shooting star.

ORMONDE: You will see them...

SHAPIRO: I'm sorry to interrupt.

ORMONDE: No, you will see them now.

SHAPIRO: Eventually, she started a group, but she still wasn't satisfied. Then she heard about the International Dark-Sky Association in Tuscon, Arizona. John Barentine is a program manager there.

JOHN BARENTINE: It's not just going around and identifying the places that are dark, but rather finding ways to make sure that they stay dark in the future, so that generations from now people will still be able to come to these places and have that experience.

SHAPIRO: Back in Kerry, Ireland, Julie Ormonde started a campaign to get formal recognition for this area. She asked local councils to change their outdoor street lighting. She spoke with neighborhood groups about light pollution from homes because unlike other dark sky reserves, which may be in the middle of nowhere, people actually live and work in this area.

ORMONDE: In the core zone, we have a playground. We have a little school. We have a small, little pub, which is a two-story farmhouse with the tiniest little pub downstairs where you can have a pint.

SHAPIRO: And there's a hostel, which gets a regular stream of astronomers and amateur stargazers. Frieda Straub is the manager. She's French and moved here after living in Paris and New York.

FRIEDA STRAUB: People come from all over the world and they don't sleep at night. Seriously, they do not sleep. I mean, they go to their bed at four in the morning and then they get up at five and it's amazing.

SHAPIRO: It's been one year since the Dark-Sky Association recognized Kerry with gold-tier status. You can tell the community has bought into this program because when you drive through town it's pitch black. All the houses have their lights off. It's easy to assume that these are summer rental homes where people have left for the winter, but locals say no, people are home. They just want to leave the lights off so everyone can see the stars. Ari Shapiro, NPR News.

GREENE: Celebrating the solstice on NPR News.







星がきらめくアイルランドの星空保護区


国際ダークスカイ協会によりゴールドリザーブ認定を受けた星空保護区は世界に3か所しかありません。北半球では唯一、アイルランド南西部のケリー・インターナショナルダークスカイリザーブがその称号を得ています。


デイビッド・グリーン(ホスト):
さあ、ちょうど一年で最も暗い夜を迎えようとしています。じっくりと星空を眺めるにはもってこいの時期ですね。もし、あなたが光害のない場所にいれば。
冬至を迎えるにあたり、私たちは地球上で最も暗い場所へ訪れることにしました。国際ダークスカイ協会は世界で3か所しかゴールドリザーブの称号を与えていません。1つはナミビア、1つはニュージーランドです。NPRのアリ・シャピロが私たちを案内するのはアイルランド南西部の片隅にある、北半球唯一のダークスカイ協会認定ゴールドリザーブです。


ジュリー・オーモンド:ああ、なんて素晴らしいの。

アリ・シャピロ(記):ここに住んでいて、それでも感動するのですね。

ジュリー・オーモンド:本当に、いつみても感動するわ。

シャピロ:私は今回が初めてなのですばらしいと感じますが、あなたは毎晩ここにいますよね。

オーモンド:それでもいつもそうなの。感動が押し寄せてくるの。そこの明かりを消してくれる?ありがとう。

シャピロ:ジュリー・オーモンドは、ステージマザーが子供の演技を語るような口調で夜空について語ります。

オーモンド:ただもう、私は魅了され続けているの。(星空を)見るのが大好きなの。

シャピロ:私たちはケリー・インターナショナルダークスカイリザーブ中心部の、とある駐車場に立っています。一方にケリー・マウンテン、もう一方に大西洋が見えています。約20年前、オーモンドはダブリンからこの地に移り住みました。彼女は秘書であり、天文学に熱中する4児の母でした。到着して2,3日後のこと、彼女は暖炉の燃料を得るために息子を使いに出しました。


オーモンド:次の瞬間、息子がドアから飛び込んできたわ。

「ねえママ、早く早く!外に来て!」


私は心臓が止まりそうになりながらドアの外に飛び出たわ。どこかで大きな事故が起きたかと思ったの。

シャピロ:彼女は息子に連れられ、ドアから真っ暗闇の夜へ出ました。

オーモンド:息子が、「ねえママ見て!星を見て!」って言ったの。そして二人で見上げたのがこれだったの。今だかつて見たこともない星空だったわ。まるで不思議の国の世界。

シャピロ:オーモンドは星座を探すのが大好きなのですが、その日の夜はひとつも見つける事ができませんでした。

オーモンド:本当に星がたくさんありすぎたの。

シャピロ:しばらくして彼女は、なぜこの地域には天文クラブがないのか、疑問に思いました。

オーモンド:そして地球上の他のみんなと同じ様に、みんな誰か他の人を待っているのよ、だから私が始めることにしたの…

シャピロ:おっ、流れ星!

オーモンド:星座が…

シャピロ:話を遮ってすみません。

オーモンド:いいのよ。今は星座が見つけられるでしょう。

シャピロ:ついに、彼女はあるグループを発足させましたが、それでも満足しませんでした。それから彼女は、アリゾナ州ツーソンにある国際ダークスカイ協会のことを聞きつけました。ジョン・バレンティンは同協会のプログラムマネージャーです。

ジョン・バレンティン:私たちは、ただ単に暗い場所に行き、その場所を認定している訳ではありません。むしろその場所が将来も暗くあり続けるための方法を探します。そうすることで、今から何世代先の人々が、その場所へ来て同じ体験をできるようにするのです。

シャピロ:アイルランド・ケリーに戻り、ジュリー・オーモンドは、この地域が公式認定を得るための運動を開始しました。彼女は通りの外灯を変えてもらえるよう、地元の地方議会を訪ねて回りました。また、家庭から出る光害について近所のグループと話し合いました。なぜなら、人里離れた場所にあるような他のダークスカイリザーブと違って、人々はこの地域で実際に住まいと仕事を持っているからです。

オーモンド:コアゾーンには、遊び場があります。小さな学校があります。小さな、ちょっとしたパブもあります。2階建てのファームハウスの1階の片隅にある小さなパブで、ビールを楽しむことが出来ます。

シャピロ:また、ホステルがあり、そこには天文家や天文愛好家が定期的にやってきます。フライダ・ストラウブはホステルの支配人です。彼女はフランス人で、パリとニューヨークで暮らした後、こちらに移り住みました。

フレイダ・ストラウブ:世界中から人々がやってきますが、彼らが夜に寝ることはありません。本当に寝ないのです。みんな朝4時にベッドに入り、5時に起床します。すごいですよ。


シャピロ:ダークスカイ協会がケリーをゴールドリザーブに認定してから1年になります。地域がこのプログラムに賛同しているのは一目瞭然です、なぜなら街を車で走るとき、辺りは真っ暗闇だからです。全ての家が灯りを消しています。こうした家は夏のレンタルハウスで、冬の間人々は家を空けているのだと思われがちです。しかし地元の住民たちによれば、それは間違いであり、人々は家にいると言うのです。住民たちはただ明かりを消しておきたいのです。誰もが星空を楽しめるように。アリ・シャピロ、NPRニュースがお伝えしました。

グリーン:NPRニュースより冬至の到来をお祝いします。






Once Again in English!



The International Dark-Sky Association has named only 3 gold-tier reserves, and only 1 in the Northern Hemisphere. That title belongs to Kerry International Dark Sky Reserve in southwestern Ireland.



DAVID GREENE, HOST:


Well, we have just made it through the darkest night of the year - good time to do some lengthy stargazing if, that is, you're in a place without too much light pollution. Well, to mark the winter solstice, we decided to visit one of the darkest places on Earth. The International Dark-Sky Association has awarded gold-tier reserve status to only three places in the world. One is in Namibia, another is in New Zealand. NPR's Ari Shapiro takes us to the only one in the Northern Hemisphere in far southwestern Ireland.


JULIE ORMONDE: Oh, my god. Oh.


ARI SHAPIRO, BYLINE: You live here and you're still so impressed with this.


ORMONDE: I know, I always am, always.


SHAPIRO: I mean, it's my first time. I'm impressed, but you're here every night.


ORMONDE: No, I always - it never, ever stops. Could you put off that light there? Great.


SHAPIRO: Julie Ormonde talks about the night sky the way a stage mother talks about her child's performance.


ORMONDE: It's just - I just can't stop admiring it. I just love looking at.


SHAPIRO: We're standing in a parking lot in the middle of the Kerry International Dark Sky Reserve. The Kerry Mountains are on one side of us, the Atlantic Ocean on the other. Ormonde moved here from Dublin almost 20 years ago. She was a secretary and mother of four with a passion for astronomy. A few days after she arrived, she sent her son out to get fuel for the fireplace.


ORMONDE: And next fall, he come crashing through the door.


Mom, mom, quick, quick, quick, come out here.


I nearly had a heart attack running out the door, expecting to see a catastrophe somewhere.


SHAPIRO: She followed her son out the door into the pitch black night.


ORMONDE: And he said, mom, mom, look. Look at the stars. And we looked up and it was like this. I have never seen anything like it. It was just a wonderland.


SHAPIRO: Ormonde loves pointing out constellations, but on that night she couldn't find any of them.


ORMONDE: There was simply too many stars.


SHAPIRO: Time passed and she wondered why the community had no astronomy club.


ORMONDE: And like everybody else on the planet you're waiting for somebody else, so then I decided...


SHAPIRO: Oh, I just saw a shooting star.


ORMONDE: You will see them...


SHAPIRO: I'm sorry to interrupt.


ORMONDE: No, you will see them now.


SHAPIRO: Eventually, she started a group, but she still wasn't satisfied. Then she heard about the International Dark-Sky Association in Tuscon, Arizona. John Barentine is a program manager there.


JOHN BARENTINE: It's not just going around and identifying the places that are dark, but rather finding ways to make sure that they stay dark in the future, so that generations from now people will still be able to come to these places and have that experience.


SHAPIRO: Back in Kerry, Ireland, Julie Ormonde started a campaign to get formal recognition for this area. She asked local councils to change their outdoor street lighting. She spoke with neighborhood groups about light pollution from homes because unlike other dark sky reserves, which may be in the middle of nowhere, people actually live and work in this area.


ORMONDE: In the core zone, we have a playground. We have a little school. We have a small, little pub, which is a two-story farmhouse with the tiniest little pub downstairs where you can have a pint.


SHAPIRO: And there's a hostel, which gets a regular stream of astronomers and amateur stargazers. Frieda Straub is the manager. She's French and moved here after living in Paris and New York.


FRIEDA STRAUB: People come from all over the world and they don't sleep at night. Seriously, they do not sleep. I mean, they go to their bed at four in the morning and then they get up at five and it's amazing.


SHAPIRO: It's been one year since the Dark-Sky Association recognized Kerry with gold-tier status. You can tell the community has bought into this program because when you drive through town it's pitch black. All the houses have their lights off. It's easy to assume that these are summer rental homes where people have left for the winter, but locals say no, people are home. They just want to leave the lights off so everyone can see the stars. Ari Shapiro, NPR News.


GREENE: Celebrating the solstice on NPR News.












Stars Shine Bright In Ireland's Dark-Sky Reserve


The International Dark-Sky Association has named only 3 gold-tier reserves, and only 1 in the Northern Hemisphere. That title belongs to Kerry International Dark Sky Reserve in southwestern Ireland.





DAVID GREENE, HOST:

Well, we have just made it through the darkest night of the year - good time to do some lengthy stargazing if, that is, you're in a place without too much light pollution. Well, to mark the winter solstice, we decided to visit one of the darkest places on Earth. The International Dark-Sky Association has awarded gold-tier reserve status to only three places in the world. One is in Namibia, another is in New Zealand. NPR's Ari Shapiro takes us to the only one in the Northern Hemisphere in far southwestern Ireland.





JULIE ORMONDE: Oh, my god. Oh.


ARI SHAPIRO, BYLINE: You live here and you're still so impressed with this.

ORMONDE: I know, I always am, always.


SHAPIRO: I mean, it's my first time. I'm impressed, but you're here every night.


ORMONDE: No, I always - it never, ever stops. Could you put off that light there? Great.

SHAPIRO: Julie Ormonde talks about the night sky the way a stage mother talks about her child's performance.

ORMONDE: It's just - I just can't stop admiring it. I just love looking at.


SHAPIRO: We're standing in a parking lot in the middle of the Kerry International Dark Sky Reserve. The Kerry Mountains are on one side of us, the Atlantic Ocean on the other. Ormonde moved here from Dublin almost 20 years ago. She was a secretary and mother of four with a passion for astronomy. A few days after she arrived, she sent her son out to get fuel for the fireplace.


ORMONDE: And next fall, he come crashing through the door.

Mom, mom, quick, quick, quick, come out here.

I nearly had a heart attack running out the door, expecting to see a catastrophe somewhere.



SHAPIRO: She followed her son out the door into the pitch black night.

ORMONDE: And he said, mom, mom, look. Look at the stars. And we looked up and it was like this. I have never seen anything like it. It was just a wonderland.


SHAPIRO: Ormonde loves pointing out constellations, but on that night she couldn't find any of them.

ORMONDE: There were simply too many stars.

SHAPIRO: Time passed and she wondered why the community had no astronomy club.


ORMONDE: And like everybody else on the planet you're waiting for somebody else, so then I decided...






SHAPIRO: Oh, I just saw a shooting star.

ORMONDE: You will see them...

SHAPIRO: I'm sorry to interrupt.

ORMONDE: No, you will see them now.



SHAPIRO: Eventually, she started a group, but she still wasn't satisfied. Then she heard about the International Dark-Sky Association in Tucson, Arizona. John Barentine is a program manager there.



JOHN BARENTINE: It's not just going around and identifying the places that are dark, but rather finding ways to make sure that they stay dark in the future, so that generations from now people will still be able to come to these places and have that experience.

SHAPIRO: Back in Kerry, Ireland, Julie Ormonde started a campaign to get formal recognition for this area. She asked local councils to change their outdoor street lighting. She spoke with neighborhood groups about light pollution from homes because unlike other dark sky reserves, which may be in the middle of nowhere, people actually live and work in this area.



ORMONDE: In the core zone, we have a playground. We have a little school. We have a small, little pub, which is a two-story farmhouse with the tiniest little pub downstairs where you can have a pint.


SHAPIRO: And there's a hostel, which gets a regular stream of astronomers and amateur stargazers. Frieda Straub is the manager. She's French and moved here after living in Paris and New York.



FRIEDA STRAUB: People come from all over the world and they don't sleep at night. Seriously, they do not sleep. I mean, they go to their bed at four in the morning and then they get up at five and it's amazing.

SHAPIRO: It's been one year since the Dark-Sky Association recognized Kerry with gold-tier status. You can tell the community has bought into this program because when you drive through town it's pitch black. All the houses have their lights off. It's easy to assume that these are summer rental homes where people have left for the winter, but locals say no, people are home. They just want to leave the lights off so everyone can see the stars. Ari Shapiro, NPR News.




GREENE: Celebrating the solstice on NPR News.
星がきらめくアイルランドの星空保護区


国際ダークスカイ協会によりゴールドリザーブ認定を受けた星空保護区は世界に3か所しかありません。北半球では唯一、アイルランド南西部のケリー・インターナショナルダークスカイリザーブがその称号を得ています。





デイビッド・グリーン(ホスト):

さあ、ちょうど一年で最も暗い夜を迎えようとしています。じっくりと星空を眺めるにはもってこいの時期ですね。もし、あなたが光害のない場所にいれば。
冬至を迎えるにあたり、私たちは地球上で最も暗い場所へ訪れることにしました。国際ダークスカイ協会は世界で3か所しかゴールドリザーブの称号を与えていません。1つはナミビア、1つはニュージーランドです。NPRのアリ・シャピロが私たちを案内するのはアイルランド南西部の片隅にある、北半球唯一のダークスカイ協会認定ゴールドリザーブです。







ジュリー・オーモンド:ああ、なんて素晴らしいの。

アリ・シャピオ(記):ここに住んでいて、それでも感動するのですね。

ジュリー・オーモンド:本当に、いつみても感動するわ。



シャピロ:私は今回が初めてなのですばらしいと感じますが、あなたは毎晩ここにいますよね。

オーモンド:それでもいつもそうなの。感動が押し寄せてくるの。そこの明かりを消してくれる?ありがとう。


シャピロ:ジュリー・オーモンドは、ステージマザーが子供の演技を語るような口調で夜空について語ります。

オーモンド:ただもう、私は魅了され続けているの。(星空を)見るのが大好きなの。



シャピロ:私たちはケリー・インターナショナルダークスカイリザーブ中心部の、とある駐車場に立っています。一方にケリー・マウンテン、もう一方に大西洋が見えています。約20年前、オーモンドはダブリンからこの地に移り住みました。彼女は秘書であり、天文学に熱中する4児の母でした。到着して23日後のこと、彼女は暖炉の燃料を得るために息子を使いに出しました。




オーモンド:次の瞬間、息子がドアから飛び込んできたわ。

「ねえママ、早く早く!外に来て!」


私は心臓が止まりそうになりながらドアの外に飛び出たわ。どこかで大きな事故が起きたかと思ったの。



シャピロ:彼女は息子に連れられ、ドアから真っ暗闇の夜へ出ました。

オーモンド:息子が、「ねえママ見て!星を見て!」って言ったの。そして二人で見上げたのがこれだったの。今だかつて見たこともない星空だったわ。まるで不思議の国の世界。


シャピロ:オーモンドは星座を探すのが大好きなのですが、その日の夜はひとつも見つける事ができませんでした。

オーモンド:本当に星がたくさんありすぎたの。

シャピロ:しばらくして彼女は、なぜこの地域には天文クラブがないのか、疑問に思いました。

オーモンド:そして地球上の他のみんなと同じ様に、みんな誰か他の人を待っているのよ、だから私が始めることにしたの…






シャピロ:おっ、流れ星


オーモンド:星座が…

シャピロ:話を遮ってすみません。

オーモンド:いいのよ。今は星座が見つけられるでしょう。



シャピロ:ついに、彼女はあるグループを発足させましたが、それでも満足しませんでした。それから彼女は、アリゾナ州ツーソンにある国際ダークスカイ協会のことを聞きつけました。ジョン・バレンティンは同協会のプログラムマネージャーです。

ジョン・バレンティン:私たちは、ただ単に暗い場所に行き、その場所を認定している訳ではありません。むしろその場所が将来も暗くあり続けるための方法を探します。そうすることで、今から何世代先の人々が、その場所へ来て同じ体験をできるようにするのです。



シャピロ:アイルランド・ケリーに戻り、ジュリー・オーモンドは、この地域が公式認定を得るための運動を開始しました。彼女は通りの外灯を変えてもらえるよう、地元の地方議会を訪ねて回りました。また、家庭から出る光害について近所のグループと話し合いました。なぜなら、人里離れた場所にあるような他のダークスカイリザーブと違って、人々はこの地域で実際に住まいと仕事を持っているからです。



オーモンド:コアゾーンには、遊び場があります。小さな学校があります。小さな、ちょっとしたパブもあります。2階建てのファームハウスの1階の片隅にある小さなパブで、ビールを楽しむことが出来ます。


シャピロ:また、ホステルがあり、そこには天文家や天文愛好家定期的にやってきます。フライダ・ストラウブはホステルの支配人です。彼女はフランス人で、パリとニューヨークで暮らした後、こちらに移り住みました。




フレイダ・ストラウブ:世界中から人々がやってきますが、彼らが夜に寝ることはありません。本当に寝ないのです。みんな朝4時にベッドに入り、5時に起床します。すごいですよ。


シャピロ:ダークスカイ協会がケリーをゴールドリザーブに認定してから1年になります。地域がこのプログラムに賛同しているは一目瞭然です、なぜなら街を車で走るとき、辺りは真っ暗闇だからです。全ての家が灯りを消しています。こうした家は夏のレンタルハウスで、冬の間人々は家を空けているのだと思われがちです。しかし地元の住民たちによれば、それは間違いであり、人々は家にいると言うのです。住民たちはただ明かりを消しておきたいのです。誰もが星空を楽しめるように。アリ・シャピロ、NPRニュースがお伝えしました。




グリーン:NPRニュースより冬至の到来をお祝いします。




the Northern Hemisphere/北半球

stargazing/天体観察すること

stargazer/天体観望者、天文家

light pollution/光害

the winter solstice/冬至(夏至:the summer solstice)

I'm impressed/ すばらしいですね(感銘を受けた時に良く使う表現)

put off light / put on light/ 電気を消す/つける

stage mother/ステージマザー(子役のマネジメントをする実の母親)

mother of ~/~児の母

catastrophe/大事故、大災害、大損害

pitch black/真っ黒、漆黒

constellation/星座

the core zone/コアゾーン(星空保護区で特に星がきれいな地域)

astronomy/天文学

astronomer/天文学者

everybody else/他のみんな

somebody else/他の誰か

shooting star/流れ星

I'm sorry to interrupt./話の途中にすみません。(相手の話を遮る際に良く使う)

the middle of nowhere/人里離れた場所、周りに何もない、辺ぴな場所

two-story/ 2階建ての(平屋の:single-story)

stream of ~/~の訪問が次々とある

stargazer/天文家、天体観望者

It been ~ year(s) since …/…してから~年が経つ

You can tell ~/~なのは一目瞭然である

buy into ~/~に賛成する

It's easy to assume that ~/~だと思われがちである。












~@injtokyo 2014年1月30日記事より~

快挙!北半球で唯一ゴールド認定受賞~アイルランド:リングオブケリー
『INTERNATIONAL DARK SKY RESERVES』認定受賞!~アウターダーク、夜空の天の川を見るベストな北半球スポットは「アイルランドのケリー!」

It is one of the country's best-known tourist destinations but now the famed Ring of Kerry will become a visitor attraction after dark, too.
Southwest Kerry has been made an International Dark-Sky Gold Tier Reserve, the only place in the northern hemisphere to get the accreditation.




☞プレスリリース


☞ Gold star: Kerry one of the best spots in world to gaze at Milky Way(インディペンデント紙)



☞ INTERNATIONAL DARK SKY RESERVES (IDA :International Dark-Sky Association)


















こんにちは、水谷じゅんじです。

この記事の翻訳をきっかけに、国際ダークスカイ協会なるものがあることを初めて知りました。日本でも東京事務局があり、光害(ひかりがい)による人体や生態系への影響などを調べているようです。
世の東西を問わず、天体がもたらす神秘的なエネルギーを人々は重視してきたのではないかと思います。思想家・ルドルフシュタイナーが提唱したバイオダイナミック農法では、天体の動きによる生命エネルギーへの影響を考慮し、植物の種をまく時期などが定められています。

最近では、太陽系の惑星が太陽の周りをただ公転しているだけでなく、太陽自身も宇宙を時速7万キロのスピードで移動している、といった説もでてきているようです。
その動きはまさに生物を形作る螺旋状になっており、天体の動きが地球上のあらゆる生命を形作っているのでないか、と関連付けています。
ゆっくりと☆空を眺めながら、私たちの生命と宇宙とのつながりについて考えてみるのも面白いかも知れませんね^^


ご興味のある方は下記動画をご覧下さい。それではMATA☆

























































2015年2月12日木曜日

寄稿『小泉八雲,アイルランドへの里帰り 』〜“The Open Mind of Patrick Lafcadio Hearn ―HOME COMING―” Written/Photo by Shoko Koizumi (小泉祥子)





―HOME COMING―




The Open Mind of Lafcadio Hearn Project Director
Shoko Koizumi



 ラフカディオ・ハーンが、2歳から13歳までの最も重要で多感な時期を過ごし、その後人生の長い旅路の果てに二度と帰ることのなかったアイルランド。私たちは、”The Open Mind of Lafcadio Hearn”プロジェクトのひとつの終着点として、アイルランド人作家としてのパトリック・ラフカディオ・ハーンの魂をこの国に連れて帰ることができるのであれば、こんなに嬉しいことはありません。

最愛の母を捨てた父、厳格なカトリックへの反抗、幽霊やゴシックに対する恐怖、大叔母の破産などハーンにとってはつらい思い出ばかりの祖国アイルランド。大西洋を渡りたどり着いたアメリカで捨てた「パトリック」というファーストネーム。しかし、彼がアイルランドから受けた影響は計り知れないもので、晩年にはアイルランドの国民的詩人W.B.イェイツに宛てた手紙の中で、アイルランドへの愛情も見せています。ハーンとアイルランドの関わりに触れながら、今年アイルランド国内で開催される予定のイベントについてご紹介したいと思います。








レフカダ Lefkada


 1850年6月27日午前4時、サンタ・マウラ(レフカダ)で、パトリキオス・ラフカディオス、「パトリック・ラフカディオ」は生まれました。父はアイルランド出身の英国陸軍軍医補チャールズ・ブッシュ・ハーンで、母は、キシラの娘ローザ・アントニウ・カシマチです。
つまり、ハーンは、父の生地アイルランドの名前「パトリック」と、生まれた島にちなんだ「ラフカディオ」の両方をとって名づけられたのです。生まれながらにして、彼は多様な文化とアイデンティティを背負って生きていく運命にあったのかもしれません。







ダブリン Dublin

 ハーンの父チャールズは、1818年にアイルランドのアーマー県に、7人兄弟の2番目として生まれました。ハーン家はアングロ・アイリッシュと言われるプロテスタントの家系で、1700年代にイングランドから移住してきたと言われています。代々、英国陸軍とアイルランド教会に仕えるというゆるぎない伝統を保持していました。彼は、1834~’39年トリニティ・カレッジで医学を学び、そのまま英国軍医学校に進んでいます。
母と子がレフカダに置き去りにされてから2年が経過した1852年8月1日、ローザと2歳になるハーンはダブリンにやってきます。今年はハーンがアイルランドに渡って163年目。「ローワー・ガーディナー・ストリート48番地」に住んでいたチャールズの母エリザベスが、ハーン親子を最初に迎え入れた人でした。




ここは現在TownhouseというB&Bになっていて、ハーンの肖像写真の展示スペースがあり、また3階の部屋にはそれぞれ作品の名前が付けられています。
その後、ローザとハーンは、チャールズの叔母にあたるサラ・ブレナンと一緒に、ダブリンの郊外「ラスマインズのレンスター・スクエアー21番地」に移ります。
1853年チャールズが一時帰還するのですが、ローザの精神状態は深刻で、チャールズはもはや彼女を恋人や話し相手として考えられなくなっていました。1854年の夏、ローザはアイルランドを後にし、二度と息子のもとに帰ってくることはありませんでした。
大叔母サラ・ブレナンに育てられるようになったパトリックは、1855年または’56年に「アッパー・リーソン・ストリート73番地」に越しました。ハーンは裕福なサラに可愛がられながら7~8年そこで暮らしています。長く暗いアイルランドの冬の暮らしと陰気な室内は、恐怖に満ちて耐え難いものでしたし、彼はしばしばその家に住み着いている(と思い込んでいた)恐ろしい幽霊や精霊などを見て、常にそれらにつきまとわれていると感じでいました。このようなものに対する恐怖はハーンの魂の奥底に深く刻み込まれ、後年の彼の作品に影響しているとポール・マレイ氏は言っています。
実際彼は、この家でいとこのジェインの幽霊を見ているのです。彼女の顔には目も鼻もなくのっぺらぼうだった・・・





































































コング Cong



 ハーンは夏になると何度かメイヨ―県コングにある叔母キャサリン・エルウッドの家に遊びに行き、いとこのロバートと遊びました。その時のことを作品「ひまわり」の中に書いていますが、これは彼があまり語ることのなかった貴重なアイルランドの体験談です。
コングは風光明媚な小さな田舎町で、映画「静かなる男」の舞台としてあまりにも有名です。2012年にこの街を訪れた時、エルウッド家の子孫イーモン・エルウッド氏と会うことができ、それは私たちにとって大きな喜びとなりました。また、全く偶然にもオーストラリアとニュージーランドから来ていたハーンの曾祖父ロバート・トーマス・ハーンの子孫に出会ったことは、驚きでした。そしてこの老婦人たちと、去年ギリシャで再会することになるとは夢にも思わなかったのです。―COINCIDENCE―アイルランドではよく起こることなのだそうです。




























































トラモア Tramore



 1857年7月、ハーンと大叔母サラはウォーターフォード県トラモア町の海辺にいました。この時、ハーンが最後に父チャールズに会ったのはこの地です。父は7歳になる息子に別れを告げると、再婚相手のアリシア・ゴスリン・クロフォードとともにインドへ赴任し、その後父と二度と会うことはなく、チャールズは1866年マラリアで亡くなります。当時トラモアには、ハーン家の人たちが多く住んでいたので、ブレナン夫人はよく訪ねて行ったということです。
2012年、アイルランド南東部の海沿いの町トラモアでは、主人と私はウォーターフォード市長と町のヒストリアンであるアグネス・エイルワードさんの歓迎を受けました。この地には、サラとハーンが滞在していた家がまだ残っています。それは、スイート・ブライアー・ロッジと呼ばれる可愛らしい家で、サラは晩年をこの地で過ごし、この家で亡くなり、丘の上の教会の墓地に眠っています。
















もうひとつは、ベル・エアーと呼ばれるお屋敷です。この家を見る限りでは、ハーンの子どもの時代の裕福な生活が伝わってきますし、窓からはトラモアの海岸が一望でき、ハーンがここで泳ぎを覚え、一生海が好きだったのは、このトラモアの体験があったからなのだろうと思うのは自然なことでしょう。























この旅は、アイリッシュ・タイムズの記者ジョン・モーラン氏が私たちのために計画してくれたもので、彼の好意と努力に心から感謝します。








 トラモア小泉八雲記念庭園
Toramore Lafcadio Hearn Memorial Garden


  さて、私たちの訪問がきっかけで、アグネスさんはトラモアに小泉八雲記念庭園を造ることを計画。海岸が一望できる素晴しい傾斜地にガーデンの建設を進めています。
このガーデンにはテーマとストーリーがあります。
それはハーンの生涯の旅、そして日本の民話に関する作品が基調になっていて、9つのガーデンで構成されていています。各ガーデンにはテーマがあり、「トラモアをイメージしたエントランス」「本庭園へと進むスペース」「アメリカン・ジャーニー」「アライバ」「亀の池と滝」「ウッドランド」「平和と調和」「伝説の庭」「旅の終わり」と続きます。
ガーデン委員会の代表を務めるアグネスさんは、ハーンを記念するこの庭園を訪問するすべての人が、この庭園が与えてくれる平和と静けさを楽しんでいただけるよう期待していると話してくれました。
ガーデンは、今春工事をほぼ終える予定で、オフィシャルオープニングは6月27日のハーンの誕生日にしたいと発表がありました。現在、仕上げに向けて急ピッチで進められています。























アイリッシュ・タイムズのジョン・モーラン氏は、レフカダにオープンしたヒストリカル・センターの開設を高く評価していますが、トラモアの記念庭園は、旅行者にとっての文化的な施設になるだけでなく、地元の憩いの場や教育施設となることが期待できると、ハーンの文化資源的な活用を期待しています。これは、オープン・マインド・プロジェクトの大きな目的のひとつであり、トラモアの住民からこのような声が上がったことは大変うれしいことです。同時に、この庭園の事はすでにアイルランドのエンダ・ケニー首相の耳にも入っており、ラフカディオ・ハーンが日本とアイルランドの友好の懸け橋の一助になることが期待できます。


庭園には、松江市が小泉八雲のレリーフ(倉澤實作)を寄贈することを検討していると聞いていますし、庭園を訪れる人や町の子どもたちのために、ビジターズ・センターの開設も検討中です。


































The Open Mind of Patrick Lafcadio Hearn—HOME COMING—

2015年10月7日~2016年1月6日

An Exhibition at The Little Museum of Dublin


長年の夢が叶い、ついにオープン・マインド・オブ・ラフカディオ・ハーンの展覧会がダブリンで開催されることが決まりました。2009年から世界を旅してきたオープン・マインドのプロジェクトを最後にハーンの祖国アイルランドで開催するために、在ダブリン日本大使館はじめ様々な関係者に会って話を進める中、ダブリン・リトル・ミュージアムが興味を示してくれました。キュレーターはサイモン・オコーナー氏。

ここは、小さいながらダブリン出身者やダブリンに関係する題材を取り上げてエキシビションを展開しているユニークなコンセプトのミュージアムです。ダブリンで幼少期を過ごしたラフカディオ・ハーンがアイルランド人作家として初めて里帰りできる素晴しい機会を与えていただきました。ハーンを紹介するパネルや初版本のほか、小泉八雲記念館からハーンの愛用品を借りて展示する予定です。

主催・企画はすべてリトル・ミュージアムで、タイトルとコンセプトを共有していただくことにしました。プロジェクトの一環として、松江市の協力と資料提供を約束したところで、同市のハーンに対する敬愛の念と継続的な支援には心から感謝しています。

































ここに至るまでに私と主人、そしてギリシャのアドヴァイザー・タキス氏は、何度かアイルランドに足を運び、サイモン・オコーナー氏、ポール・マレイ氏、ジョン・モーラン氏、藤田儒子氏、早川芳美氏、日本大使館の山田有一氏、アグネス・エイルワード氏らと話し合いを持ちました。そしてこのエキシビションを中心に国内数か所でオープン・マインドのイベントを展開することを話し合っています。






Lafcadio Hearn Reading 
Performance by Shiro SANO&Kyoji YAMAMOTO

「稀人(まろうど) 異界からの訪問者たち」


 2014年の夏、ギリシャで上演し、600人の観衆を感動の渦に巻き込んだパフォーマンスは、リトル・ミュージアムのオープニングに合わせ、国内3~4か所で開催する予定です。ハーンの高祖父ダニエル・ハーンは、ダブリンのドーソン・ストリートにある聖アン教会の教区牧師を務めていたと言われていますが、この教会の協力を得て開催する予定です。このほか、ガーデンのあるトラモア、そしてコングのある西部の町ゴールウェイでの開催を計画しています。ハーンは幼い頃、コナハト出身の乳母、キャサリン・コステロからたくさんの妖精譚を聞いて育っていますので、ストーリーテリングが人々の生活に根付いているアイルランドでハーンの怪談を語る朗読パフォーマンスが開催できることは、大変光栄なことです。
ポール・マレイ氏が触れているように、「ハーンが日本で怪談を掘り起こし、それに魂を吹き込み再話に情熱を注いだことで、アイルランドでの恐怖体験が、幼少期のパトリック・ラフカディオが再び表舞台に出てきたことにつながる」と言えるでしょう。
つまり、ラフカディオ・ハーンが描いた日本が、きわめてアイルランド的想像力を通してみた世界だということがわかるのです。そして長い間旅に出ていたアイルランドの文学の放浪者が、ついにアイルランドに帰ってくることになるでしょう。